TOP > 「究極のからあげクン」開発プロジェクト

2010年06月21日

第六回ミーティング ブロガーさんのコメントです!その2

第六回ミーティングのコメント、
続いては道草王さんと華麗叫子さんからです!



■「道草人生」 道草王さん
今回の最大の試食ポイントは、「揚げたて」と「揚げてから数時間たったもの」の“味の違い”を確認できたこと。その数は7種×2=14種類。
タンドリーチキン味を食べた瞬間、口に広がる香りは想像を超えるもので、とても美味しかった。数時間たったリアルにコンビニで売っている状態のものは全種類味が先ほどと印象が変わってしまう。これがさらに家に持ち帰ってからでは、さらに変わってうのだろう。30個近く状態では、さすがにもう味はわからず。次回は自分の中でもかなりペースを考えて挑みたい。
いよいよ、次回は、味だけでなくネーミング、プロモーションの領域に。ここからが味も最大の課題となるかも。心して、かかりたい。
0520からあげ8.jpg

■「華麗叫子の胃袋は偉大なるコスモ」 華麗叫子さん
前回mtgの後みやぞうさんとふたりで自主mtgを決行し、「台湾屋台風味」を作るに当たってそれぞれが考える五香粉の配合を研究致しましたの。粉と格闘しながらたどり着いた配合率をローソン側にお伝えし、試作品が出来上がってまいりましてよ♪
結果、残念なことに「台湾屋台風味」はなし。理由は時間が経つと五香粉のクセが際立ち好き嫌いが激しく分かれそうなのと、今回の試作品が現時点で商品化できるほどの完成度とは思えなかったため。愛をこめて開発しているものがあっても、愛しているからこそ中途半端なものは出せないと自分で判断しなければならない苦渋のモーメントがある。その心理を今回、学ばせていただきましてよ(涙)
そしてふるいにかけた結果、残ったのは「タンドリーチキン風味」!今後はこれをブラッシュアップしつつ、パッケージやプロモーションなどにも関わってゆくことに♪
100520Karaage_Kyoko.jpg


*************


さて、いよいよ究極のからあげクンの味がしぼられてきました。
これからは味の微調整、そしてパッケージやネーミングの開発です。

最終的にどんなものになるのか…どうぞお楽しみに!

posted by karaagekun at 01:00| Comment(4) | 第6回ミーティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。