TOP > 「究極のからあげクン」開発プロジェクト

2010年06月25日

第七回ミーティング ブロガーさんのコメントです!その1

第七回のミーティングは、何だかいつもとは違った雰囲気。

それもそのはずです。
「ブロガーさんが商品開発に関わっている」ということが注目され
な、何とテレビ局の取材が入ったのです!


ミーティング内容自体も佳境。
味付けに加え、何と鶏肉そのものの選定まで行われました。

いつもに増して張り切ってくれたブロガーさん達のレポートをさっそくご紹介します!


■「道草人生」 道草王さん
テレビ局の取材が入るということで、いつもとは若干違った緊張した雰囲気。とは言え、実際の打ち合わせになるとさすが皆さん、いつものような血気に包まれます。
本日は前回絞られた3種の揚げたて、2時間後の計6種のブラインドテスト。ほぼ全会一致だったサンプルは、前回ローソンさんが過去の実績から考えられうる「選ばれる」味に。これが20年の開発の歴史と経験なのか。
今後の味の微調整に関して、最後の課題のキーワードになるのはおそらく“常習性”。「ついつい買っちゃうんだよねぇ」と思えるようにはまだなってないかな。ベースの味からいってもその可能性は十分にあると思います。難しいかもしれませんが、微調整はここをポイントにしていきたい。
0601からあげ9.jpg

■「みやぞう天国」 みやぞうさん
【<鶏肉を工夫する>こと】
第7回の「からあげクン」プロジェクトは試作後の鶏肉をどうするか?もテーマに。
前回Mtgで、味の方向性は決まってきた。今回もブラインドでテストを行うが、面白い結果が出る。人は思い込みで味わいすら変えることができる。これはとっても面白い体験。扱う鶏肉の種類にこだわってみるのはどうか?こちらはとても面白い。どちらが今回のからあげクンに適合するのか?興味深い。
パッケージや、ネーミング、プロモーションについても検討。ただ作るだけではなく商品を最後まで送り出したいと皆が思う・・・。もうすぐそこまで来ている!!
0601-3.jpg

■「さぷら伊豆!渋谷の平日・伊豆の休日」okamoooさん
いよいよコレに近い味になるんだな!という段階まできました。
当初の本当に美味しいものを作るというコンセプトに関していうと
・冷めても美味しい
・複雑でありきたりの味じゃない
・本格派感が出ている
・もの珍しさだけじゃない飽きない味
という意味でかなり近づいたと思います。ここにきて全員一致でサンプルの中から選べたのがまたうれしかったりして。
【味】はモチロン最終段階、パッケージ、ネーミング、プロモーションの決定も間近!

ブログで会議のレポを書くと「早く食べてみたい!」のコメントもらいますが・・・僕も同じです。
0601からあげ2.jpg


*************


あと2名、タカバシさん、華麗叫子さんからのコメントは次回ご紹介します!

posted by karaagekun at 11:00| Comment(5) | 第7回ミーティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。